スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧型あーりまん



例によって金属部分と黒いところのハイライトが終わっていませんが、ここまで来たら終わったようなもんでっしゃろ(油断)。
完成したら再度うpします。

このアーリマンはメタルモデルですが、購入してサフ吹いてから、かれこれ2~3年放置していました。改めて上からサフ吹き直したらザラザラになってしまいました (TT) 全部落としてから吹き直せばよかった・・・・・・。杖の角はわりと綺麗に塗れたのに、本体の頭の角の汚らしさよ・・・・・・。

こうして作ってみると、やはり新型アーリマンも欲しくなりますね。あと、マグヌス様も。
スポンサーサイト

Codex Supplement: Traitor Legions (コデックスサプリメント:大逆の諸兵団)

仕事が忙しいのと通勤にとても時間がかかるので、最近はますますミニチュアとご無沙汰です。
とは言ってもウォーハンマー40000への興味が薄れたわけではないので、今はミニチュアよりコデックスなどを購入してモチベーションをキープしている状態です。
昨日、注文していた『Codex Supplement: Traitor Legions』を受け取ることができたので、流し読みしているところです。

個人的に良くも悪くも気になったところをざっと挙げると、

①紹介されているミニチュア(またはデカチュアw)
新型カーン/新型アーリマン/エグザルテッド・ソーサラー/ツァーン・ゴールス/ルーブリック・マリーン(今までのサウザンド・サン)/スカラベ・オカルト・ターミネーター/コーン・ロード・オヴ・スカルズ/マグヌス・ザ・レッド

新型カーン:6版コデックスから特に変化はないもよう。

新型アーリマン:+30ptでディスク・オヴ・ティーンチに乗れるようになった。それ以外は6版から変化ないもよう。

エグザルテッド・ソーサラー:レベル2サイカー(Lv3に強化可能)。身体能力はケイオスロード並み。ゲーム中、1回限りでとても強力なビークル殺しのビームを撃てる。ウォーギアにフォースウェポンではなくフォースステイヴと書いてあるので、ソードやアックスへの変更はできないっぽい。

ツァーン・ゴールス:見た目は禍々しいけど、能力は白兵戦強化型のケイオスカルティストといったところ。素のままだと射撃能力なし。+1pt/兵でオートピストルを持てる。

ルーブリック(朱書きの)マリーン:能力やコストは今までのサウザンド・サンと同じ。兵は何人でもインフェルノ・ボルトガンをワープフレイマー(後述)に交換できる。また、10人に1人は同じくソウル・リーパー・キャノンに交換できる。
アスパイアリング・ソーサラーはフォースステイヴ装備なので、旧型サウザンド・サンのモデルを使うならソードの換装が必要だと思う。

スカラベ・オカルト・ターミネーター:1体だけフォースステイヴ装備(パワーソードに交換可能)のソーサラー(Lv2)が混じっているので、普通のケイオス・ターミネーターとは違うらしい。「ついにケイオス・ターミネーターもミサイル持てるようになったか」と喜んでいたのに・・・・・・TT
5人につき1人がインフェルノ・ボルターをヘビー・ワープフレイマー/ソウル・リーパー・キャノンに交換でき、5人につき1人がヘルファイア・ミサイル・ラックを追加装備できる。
10人まで組めますが、ウォーギアオプションが少ないうえに白兵戦装備はパワーソード限定(パワーフィストなどは選べない)なので、攻撃力はイマイチな感じです。

コーン・ロード・オヴ・スカルズ:日本語版アポカリプスに載っていたのと特に変化はないもよう。

マグヌス・ザ・レッド:Lv5サイカーのフライング・モンスター(ガルガンチュアンでないのは意外)。
【防】はスペシャル4+だけど、『永遠の戦士』『死なざるもの』『ティーンチ神のディーモン』とかあるので、めっちゃしぶといはず。コスト650ptでも十分過ぎる能力。


大逆の9兵団再現、キタ━━ (゚∀゚) ━━━ツ!!
各兵団ごとに固有の混沌のアーティファクト/コマンド・ベネフィット/タクティカル・オブジェクトがあり、一部の兵団には固有のサイキック、それ以外の兵団にも新しい混沌のサイキックが追加され、9兵団がそれっぽく再現できるようになっています。あとは新規モデルの追加を待つばかりですね!!(チラッ)
ぶっちゃけ兵団ごとの混沌のアーティファクトは他のアーミーと比べてポイント高いのが多いし、ゲーム的に見ればビミョーかもしれません。でも雰囲気はよく出てると思うので、大規模戦で半端にポイント余ったら入れるといいかもですね。

③新規射撃武装
インフェルノ・ボルト弾は従来のものと同じです。
ソウル・リーパー・キャノンはS5AP3、ヘヴィ4、『レンディング』なので対歩兵には良い武器だと思いますが、見た目のゴツさと裏腹に射程はボルトガンと同じ24インチです (´・ω・`)
ミサイル・ラックは帝国のサイクロンと違ってクラック弾(S8AP3)のみのヘヴィ2です。なお、射程は24インチ・・・・・・。
スカラベ・オカルト・ターミネーター/ルーブリックマリーンはいずれも防御力は高いものの、射程も【攻】も限定的な武器ばかりなので、注意が必要ですかね。
最後にワープフレイマーについて。サイズは3種類で、ハンドフレイマー(ピストルに相当)はS3AP5、フレイマーはS4AP4、ヘヴィ・フレイマーはS5AP3の、いずれもテンプレート・ウェポンです(当たり前か)。『ワープフレイム(歪みの焔)』というルールがあって・・・・・・、
ワープフレイムのルールを持つ武器で攻撃され、1つ以上のセーブ失敗ダメージを受けたユニットはそのフェイズの終わりに【耐】テストをしなければならない。
【耐】テストに失敗した場合、アーマー/カバーセーブ不可のD3ダメージを受ける。
成功したら、その時点からゲーム終了まで『痛みを知らぬもの(6+)』を得て、かつその効果はすでに『痛みを知らぬもの』を持っていれば積み重なる。混沌は気まぐれだぜェ!!

あとはフォーメーションがいろいろ追加されていますが、ゲームやらない私には関係ないので割愛(オイ)。

以上、読み込んでもないのにざっと書いてきましたが、新しいケイオスマリーンの息吹を感じる1冊だったと思います。これで4600円はまあ良い買い物だったのではないかと。
個人的にはフォースウェポンがフォースステイヴ限定になったり射程の短い武器が多かったり混沌のアーティファクトがポイント高過ぎるのが残念なんですけどね。

ファイアウォリアー ストライクチーム with ファイアブレイド

あちこち塗り終わっていない所がありますが、今日を逃すととうぶん更新できないのでうpします。メインとなるアーマーやレンズ類は終わっていますので、ご容赦を。
あと、ファイアブレイドはビッツショップで左腕と台座のないものをうっかり(?)購入したものなので、左腕と頭はストライクチームのものを使っています。ポーズがのけぞり過ぎなので、いつか手直ししたいですね。

タウ帝国の司令“炎剣”あらためコマンダー・ブラックソードとシャス=エル・ストームブリンガー(通称:ゴリラ)はパスファインダーチームとの偵察任務を終え、ストライクチームとの待ち合わせ場所に向かった。

ゴリラ「くそ、あいつら俺をこき使いやがって・・・・・・」
炎 剣「まさか壊れたレコン・ドローンの代役とはな。だが、お前も何だかんだで張り切ってたじゃないか」
ゴリラ「いや~、他人に頼りにされるのは久しぶりだったもんで・・・・・・ (〃´Д`) 」
炎 剣「・・・・・・(普段よほど嫌われているんだな)・・・・・・ (;==) 」

ゴリラ「ところで、最近のファイアウォリアーはストライクチームとブリーチャーチームてのに分かれているみたいだが、うちの組織にブリーチャーチームはいないのか?」
炎 剣「とりあえず必要ないと判断したんだよ。たしかに至近距離での破壊力は相当なものだが、ちょっと距離が開くとショットガン並みの威力だし、何より射程距離が短いからすぐに突撃されてしまうだろ。スペシャルセーブ5+あるけど、白兵戦で“せん滅”されたら意味ないしな」

じきに彼らはストライクチームと合流した。
炎 剣「うわあ、赤い・・・・・・」



DSC_0016.jpg

DSC_0014.jpg

続きを読む

遅れてきたクリスマス・ツリー

DSC_0009.jpg



DSC_0011.jpg

前の版のダーク・ヴェンジェンスを購入した時(たぶん4年前;)、バルタザールをド派手に塗ってクリスマス・イヴにうpしようと思っていたのですが、けっきょく今日まで放置していました;
なんか急に完成させたくなったので大急ぎでペイントしましたが、クリスマス・ツリーというほど派手になりませんでしたね。
マントに星やガス星雲なんか描き込んでみようとも思ったのですが、絵が描けない私にはハードル高かったのでパス。

このバルタザールさん、なぜかアイアンヘイローが付いてなくて、かわりにピストルとパワーソードとコンビプラズマを持っています。コンビプラズマは〈キャリバンの至宝〉である“獅子の咆哮”(20pt、アサルト1、小ブラスト、過熱注意のコンビプラズマ)なのだろうと解釈して金色に塗りました。まるで中東の独裁者か麻薬マフィアのボスの銃コレクションみたいですね。
アイアンヘイローもつけようかと思ったのですが、ビッツはあと1つしか残ってないのでやめました。

やはり、写真については何とかしないといかん・・・・・・。 それから、そろそろタウも塗らなくては。

それでは皆さま、良いお年を。

タウ パスファインダーチーム

タウ帝国の司令“炎剣”あらためコマンダー・ブラックソードは新たに組織に加わったシャス=エル・ストームブリンガー(通称:ゴリラ)の面倒を見ることになってしまった。
本来ならばエセリアルであるアウン=グォが見るべきではないかと思うのであるが、そのアウン=グォは次の面接があるからと言ってさっさと姿を晦ましたのである。

炎 剣「それで、ゴリ・・・・・・じゃない、ストームブリンガー殿はどの部隊を担当するのだ」
ゴリラ「ハハハ・・・・・・。女子に言い負かされるような不甲斐ない俺など、ゴリラ呼ばわりで充分だよ。ハハハ・・・・・・、はぁ~~~ ( 谷)=3 」
炎 剣「見かけによらずメンタル弱いヤツだな (;==) 」

二人は次の作戦の拠点となる基地への車に乗り込んだ。

ゴリラ「で、さっきの話だが、当面は歩兵部隊の指揮を執りつつバトルスーツの習熟訓練を受け、いずれはバトルスーツメインで活動するように言われている」
炎 剣「くそっ、それじゃあ両方作らないといけないじゃないか」
ゴリラ「・・・・・・? なんの話だ」
炎 剣「いや、こっちの話だ」
ゴリラ「とりあえず、最初はパスファインダーチームを指揮して、その後はストライクチームに移るのでよろしく」
炎 剣「お前、さてはわかってて言ってるな!? (#==) 」

彼らが基地につくと、すぐシャス=ウィに率いられたパスファインダーチームの出迎えを受けた。



続きを読む

検索フォーム
リンク
プロフィール

Barbal

Author:Barbal
中国史ファン(漢代の経済や技術など)ですが、2009年末からゲーム『ウォーハンマー40k』のミニチュア製作にハマッています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。